アンチエイジング女優の美容法&ダイエット法

若さと美しさを保つアンチエイジング女優が実践する美容法・ダイエット法・アンチエイジング法など女優別美容情報サイト by女優の美容法&健康法 知恵袋

since.2003

2014・2013年 永作博美さんきれい情報まとめ

2014・2013年 永作博美さんきれい情報まとめ

 

2014年

 

最近また足つぼにはまっている。腸をとても大事にしているので、左右の足つぼの腸の部分をよく押す。腎臓・膀胱などは、老廃物を出すのに良いのでよく押す。特別に時間はとらず、仕事の空き時間などにする。足つぼは即効性があるのでお薦め。手にも足つぼのように反射区があるので、手もよく触る。

 

睡眠はとても大事なので、神経を落ち着かせて副交感神経優位にし、熟睡できるように、夜寝る前に腹式呼吸をする。腹式ができなくてもとにかく息をいっぱい吸う。体の力も抜けて息が楽にできるようになる。

 

一番のメンテナンスは睡眠。夜早く寝て、たっぷり睡眠時間を確保する。

 

美容のために、白湯を水筒に入れて持ち歩く。熱めの飲めるくらいのお湯。体温と同じくらいの温度なら、吸収率が良いと聞いた。特に肌を気にする人には、身体の中から潤うのでお薦め。体がきちんと水分を取り込めるようになると、肌にもハリが出る。細かくは決めないが、飲めるだけ飲むのが良いというので、よく飲むようにしている。水の場合は体が冷えてしまって、そのまま排泄され、吸収はあまりされない。だから体に吸収させるために温かい白湯を飲む。水で太るという人は内臓が弱っている可能性があるので、足つぼで内臓部分を刺激すると良い。

 

スキンケアはすごくシンプル。オイルで優しくクレンジングして、化粧水をつけるくらい。若い頃の方が化粧品を多く使っていた。

 

 

2013年

 

夏からハマっているのは、甘酒(米麹タイプ)と無調整豆乳を1:1で混ぜたものを飲むこと。甘酒は飲む点滴と言われるほど栄養素があるし、美味しいので欠かさず飲む。整腸作用もある。

 

茶こし付きのお茶のポットを持ち歩く。

 

ヨガのような深い呼吸を意識して、酸素を体中に行き渡らせようとしている時期もあった。その賜物か今では、意識しない日常でも呼吸が深くなったと思う。いつの間にか偏頭痛も治った。

 

32歳でたばこをやめ、興味をもった様々な食事法や健康法にトライしてきた。今興味があるのは腸。酵素にも関心があり、できるだけ生の野菜を食べ、オメガ3系の亜麻仁油を摂取する。

 

 


最新情報 永作博美の美容法&ダイエット法TOPはこちら

2005~2012年永作博美の美容法&ダイエット法はこちら

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

»