アンチエイジング女優の美容法&ダイエット法

若さと美しさを保つアンチエイジング女優が実践する美容法・ダイエット法・アンチエイジング法など女優別美容情報サイト by女優の美容法&健康法 知恵袋

since.2003

永作博美の美容法&ダイエット法

超童顔で美白肌の女優 永作博美さんがテレビや雑誌などでコメントした、実践する美肌法・白湯によるダイエット法・温め健康法・足つぼマッサージ・食生活など永作博美さんの美容情報満載!


プロフィール 永作博美(ながさくひろみ 女優) 1970年10月14日生 茨城県出身 156cm B型 乙女塾のアイドルグループribbon(リボン)出身 劇団☆新感線への出演を経て、本格的に女優業を開始 映画「八日目の蝉」で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞受賞 実家はいちご農園で調理師も免許保有



お薦めコスメ
パワフルオーガニックの隠れた名品!
平子理沙さんも愛用梨花さんビューティー本「Love myself 梨花 」掲載コスメ。
ふんわりふわふわの柔肌に!感動しました!

オラクル口コミ使用感想
花のコスメ「オラクル」口コミ使用感想

北海道の自社農園で本物100%植物エキスを製造し、63種類もの植物成分を調合したすごいコスメ。肌のゴワつきを感じたら絶対これ!
国産オーガニックのすごい実力を実感できます。




このエントリーをはてなブックマークに追加

永作博美の美容法&ダイエット法

永作博美のダイエット法

若い頃から超細い永作博美さん!スリムなのに健康的なスタイルを保つ秘訣やダイエット法をご紹介。2018~2015年

 

永作博美さんのダイエット法 体型維持の秘訣

 

2・3年前から姿勢を正すためにピラティスやジャイロトニックに通っている。姿勢を正せば、歩くのも立つのも楽。

※ピラティスで体型を維持している芸能人は多数。井川遥・石田ゆり子・二階堂ふみ・高畑充希・ミムラ・笛木優子・優木まおみ・田丸麻紀・加賀まりこ・モデル大屋夏南さんなど。三浦理恵子さんコメントピラティスは何歳になっても続けられる運動。早く寝られ、朝もきちんと目が覚めてすぐ動ける。
ジャイロトニックは鈴木保奈美さんも実践。

 

よく噛んで胃や腸に負担をかけないように、要らないものが出ていくような身体を作っていく。

 

毎日白湯を飲んでいるが、代謝アップやむくみ解消にも効いているみたい。健康と美容の元でもある腸がしっかり休まるように、深い睡眠をとる。

 

 


童顔の可愛い顔だけでなく、体型まで20代から変わらない永作博美さん!女性が憧れる華奢なスタイルの秘密をご紹介しました。

【合わせて読みたい人気記事】
高岡早紀さんの美容法
陶器肌!常盤貴子さんの美容法
吉田羊さんの身体を温める美容健康法

 

 

永作博美さんのいつも元気な秘訣は?何を食べているの?2017年

 

今すぐ取りいれられる!ずっときれいな永作博美さんが意識していること

 

食べ物は美味しいものを食べたい。お米が好きだし、体に良いものや昔からあるものは信用している。出汁(だし)もとる。甘酒は前からよく飲んでいるし、塩麹も使っている。

※永作博美さんがずっと飲んでいる甘酒!
君島十和子・山口紗弥加・前田敦子・志田未来・優木まおみ・道端アンジェリカさんも飲んでいます。

 

健康のためにピラティスをしている。週1回行ける時は行くが、行けない時は家でストレッチポールで体を伸ばす。

永作博美さん愛用ストレッチポール お薦めは↓


LPN ストレッチポールEX
ジムだけでなく、病院のリハビリでも使われる大人気のボディメンテナンスアイテム。身体をほぐし、体幹を鍛える。

※ピラティスは女優・モデルに大人気。石田ゆり子・菅野美穂・二階堂ふみ・米倉涼子・橋本マナミ・浜崎あゆみ・笛木優子・田丸麻紀・加賀まりこさんも実践。

 

 


【お薦めしたい人気記事】
大地真央さんがずっと食べているのは
常盤貴子さん重視!インナービューティー

 

 

永作博美の健康法・アンチエイジング法

 

2016年 永作博美の健康法

 

梅を酢と砂糖で漬けている。サワーにして飲む。

 

体力を維持するためには食事とインナーマッスルが大事だと思う。普段の姿勢や歩き方を変えたりするだけでも、身体の調整ができる。身体の力の入り方が変わる。背筋を伸ばして歩いているが腰を反り過ぎている人がいるので、きちんと腰骨の上に上半身が乗っているかわかった上で座ったり、きちんと足裏や足指を使ったり、意識する。簡単なことを毎日できる態勢を整えるのも大事。

 

眼精疲労には目の体操が大事。目玉を左右上下をしっかり動かす。

 

お気に入りは甘酒に同量くらいの豆乳を入れて冷たいのを飲むこと。食欲のない暑い夏に飲むことが多い。甘酒も豆乳も健康食品だし、体力がない時にも飲みやすく栄養たっぷり。

 

 

 

2015年 永作博美の健康法

 

実践する健康法は全て身体を温めること。仰向けに寝て柔らかい素材の湯たんぽをお腹にのせて、ゆっくり温めたりする。

 

考え事や不規則な生活だと頭が休まらないので、腸も動きっぱなしになる。寝る前に深い呼吸をしたり、お腹を温めると副交感神経が働いてゆっくり休める。

 

コーヒーおたく。撮影現場にも自家製コーヒーを持っていく。二三味珈琲の豆が好き。ポイントは豆の鮮度。


二三味珈琲(にざみコーヒー)は石川県珠洲市の能登半島突端にある舟小屋の珈琲店。女性オーナーが新鮮な生豆を自家焙煎していて、全国にファンを持つ人気店。永作博美さん主演映画「さいはてにて やさしい香りと待ちながら」のモデルになった店。

 

凝っている場所を意識しながら、鼻から吸って鼻から吐く呼吸法を行う。精神的な緊張がゆるみ、ぐっすり眠れる。

 

入浴後に足ツボマッサージをする。血液やリンパの循環が良くなり、凝りが軽くなる。

 

30代で色んな健康法にトライしたが、試行錯誤の状態で35歳頃に体力がガクンと落ちた。40代で再び体力がガクンと落ち、さらに真剣に体と向き合うようになった。ただ精神的には安定し、自分の体に必要なものをうまく選べるようになった。40代で始めたことは、美腸とスムーズな排泄にために消化に良いものをよく噛んで食べること、呼吸法を取り入れてリラックスすること、足つぼマッサージで身体の巡りを良くすること。

 

夏だけでなく乾燥する冬もしっかり水分補給する。最近は吸収が良いと聞いた体温に近い温かいお湯を飲んでいる。朝お湯を沸かして仕事場に持っていく。

 

 


常盤貴子・三浦理恵子さんなどアンチエイジング女優の美容法&ダイエット法TOP