アンチエイジング女優の美容法&ダイエット法

若さと美しさを保つアンチエイジング女優が実践する美容法・ダイエット法・アンチエイジング法など女優別美容情報サイト by女優の美容法&健康法 知恵袋

since.2003

吉田羊

吉田羊さんの美肌法&温め健康法

吉田羊さんはずっと体を温める温活を続けていて、美肌や健康に良いと実感されています。その方法とは?

2018年 吉田羊さんが美容と健康のために意識していること

 

足元を冷やさないように、待ち時間にはクロッツ やわらか湯たんぽなどを使って足を温める。季節を問わず夏でも365日、お風呂に入る時以外は冷え取り靴下を4枚履いている。冷え性にならないために7年前から始めた。体温の高い上半身は涼しく、冷えている下半身を温かくする頭寒足熱が基本。そうすれば全身の巡りが良くなる。冷え取り靴下は絹を1枚目に履くので、汗でベタベタにならずサラサラ。

※吉田羊さん愛用クロッツ やわらか湯たんぽ(綾瀬はるかさんも愛用)

 

元気の秘訣は美味しいご飯を食べること。最近はアクアパッツァを作っている。納豆が大好きで毎日食べる。納豆の香りも好きで、納豆に塩だけをかけて食べるのが好き。

 

ピラティスに週1回行っている。

※ピラティスをしている芸能人は石田ゆり子・高畑充希・二階堂ふみ・永作博美・ミムラ・優木まおみ・モデル大屋夏南さんなど。スラリとしたスタイルの美人ばかり!

 

 

 

2017年 吉田羊さんの身体の中からきれいになる

 

納豆が大好きでかならず1日1食は納豆を食べるので、冷蔵庫には常備している。小さい頃からおやつがなかったら、納豆を食べていた。

 

重ねばき靴下などの冷え取り健康法を始めて、明らかに体調が良くなった。平熱も上がり、36.7度になり、冷え症状もなくなった。ハウスダストアレルギーも軽くなった。冷え取りには腹7分も大事。

 

6年前から靴下を重ねばきして冷え性を改善する、冷えとり健康法を続けている。季節を問わず、ずっとくらしきぬの冷え取り靴下を履いている。お風呂と撮影の本番以外は履いている。風邪を引かなくなり、むくみが気にならなくなった。鼻炎もましになり、イライラしなくなり良いことばかり。

※お薦め冷え取り くらしきぬ 冷え取り靴下


くらしきぬ シルクとウールの冷えとり靴下4足セット 日本製

 

 

 


【合わせて読みたい人気記事】
2016年吉田羊さんがずっと続けている美肌法や食生活
女性の憧れの大人の女性!天海祐希さんの美肌や体型を保つ秘訣!
可愛くてきれい!三浦理恵子さんの愛用品や美肌情報満載!

 

吉田羊さんインタビュー「地元の久留米にある炭火焼ごとうという焼き鳥屋さんの鶏皮は日本一お薦め。慣れ親しんだ最高の味。」

 

 

 

ずっときれいでいる人の温め温活術

冷え性の方に絶対にお薦めしたい。年齢を重ねるほど、冷えを放置してはだめ!健康だけでなく、美容の大敵!

肌がいつもくすんでいる人は身体が冷えています!

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】

保温、吸放湿、抗菌・防臭、肌触り、紫外線カット、静電気防止と6つの機能を持った靴下。

 

 



最新情報→超美人!吉田羊の美容法&健康法TOP

常盤貴子・天海祐希さんなどいつまでも綺麗な女優の美容法&ダイエット法TOP

 

 

 

過去情報は↓をご覧ください。

 

 

2016年 吉田羊さんが続けている美肌術や食生活

 

一番の肌ケアはこすらず丁寧にクレンジングすること。続けると肌が変わる。時々エステでスペシャルケアを受ける。

 

毎日続けていることはストレッチと大好きな豆類を食べること。

 

毎朝起きた直後に、肩甲骨を開いて各部位を目覚めさせるストレッチを15分する。身体を温めてから活動し始める。

 

枝豆・納豆・豆乳・ナッツなど、豆製品は頻繁に食べる。ロケ弁の時は大好きな枝豆を持参したり。

 

下半身を温める冷え取りをしているので、夏でもゆったりしたシルエットの洋服が好き。冷え取りをしている。最近は、くらしきぬのロング腹パンにハマっている。非常に保温性が高く温かい。

 

 


萬田久子・大地真央さんなどいつまでも綺麗な女優の美容法&ダイエット法

 

 

 

2015年 吉田羊さんの健康法や体型維持術

 

冷房で冷える夏こそ頭寒足熱が基本。1年中靴下は4枚重ね。

 

38度くらいのぬるめのお湯に最低30分、長くて2時間浸かりっぱなしの半身浴が日課。手をつけなければ長く浸かれる。

 

オイルは個性があるのでオリーブオイルやごま油など、数種類常備して料理によって使い分けている。ココナッツオイルはカレーに使うと風味が良くなる。

 

スキンケアの仕上げにたまにオリーブオイルやアルガンオイル、ココナッツオイルを使うこともある。

 

ナッツをおやつ代わりにしたり、魚を食べたりして良い油を摂取する。

 

もともと太りにくい体質だが、年齢的に脂肪が落ちにくくなった気がする。食べ過ぎた翌日は丸1日断食して、水だけで過ごす。すぐに体脂肪になるのを阻止する。

 

私の半分は納豆でできていると言うくらい納豆が大好き。子供の頃からおやつ代わりで、必ず1日1パックは食べる。中粒をそのまま食べるのが好き。

 

日々忙しいので心と身体の疲れをとるために、深く呼吸をしたいと思いヨガを習い始めた。

 

 


最新情報→吉田羊の美容法&健康法