アンチエイジング女優の美容法&ダイエット法

若さと美しさを保つアンチエイジング女優が実践する美容法・ダイエット法・アンチエイジング法など女優別美容情報サイト by女優の美容法&健康法 知恵袋

since.2003

デヴィ夫人の美容法&健康法

デヴィ夫人の美容法&健康法

プロフィール デヴィ・スカルノ(タレント・インドネシアのスカルノ元大統領夫人)
東京都出身(日本生まれインドネシア国籍) A型 身長159cm 若い頃は社交界で東洋の真珠と呼ばれたほどの美貌


作成2016年 更新2020/5/16

デヴィ夫人の美しさを保つ美学・愛用品

 

「愛用のファンデーションはテレビの撮影でも江原道 マイファンスィーモイスチャーファンデーションを使う。
睡眠時間が少なくても疲れのない、ムラなく美しい肌になる。

デヴィ夫人溺愛ファンデーション 江原道

雑誌掲載多数!人気クリームファンデーションの江原道です。
映画やドラマでプロが愛用する江原道。
新垣結衣・小泉今日子さんも過去に愛用とコメント。素肌と一体化するような滑らかなテクスチャーのクリームファンデーションなどのお試しセット。

 

スキンケアコスメもメイクコスメも選ぶ基準は、値段ではなく自分が良いと認めたもの
だから10万円以上する美容液も数百円のシートマスクも使う。常に自分の直感を信じるので、愛用品は値段がバラバラ
ファンデの仕上げにクレドポーボーテ プードルトランスパラントをふんわりのせると、陶器のような肌になる。クレドポーのパウダーは品質がハイレベル。

 

撮影に臨む直前にたかの友梨 スプレーガンという美顔器を使って、たかの友梨 スーパーセル美容液を噴きかける。
肌がツヤツヤして透明感が出る。シートマスクはたくさん試したが、含まれる美容液・サイズ・素材などのクオリティが1番優れていると感じたのが、 肌美精 超浸透3Dマスク(超もっちり)。1枚を3回使う。

※デヴィ夫人愛用シートマスク肌美精

 

毎日忙しくて、睡眠時間は5時間も寝れれば良い方だし、毎日お酒をたくさん飲む。
ストレスもあるし、美容にも若さを保つためにも良くないと言われている生活をしている。でも健康的な暮らしを一生懸命するより、毎日楽しく生活する方が美しくいられると思う。

 

「アイメイクはブラウンやベージュで目元に陰影をつけて、つけまつげランコム(LANCOME)  グランディオーズ01というマスカラをたっぷりつける。
目を大きく見せるためにマスカラは欠かせない。目元はいつもセルフメイク。

デヴィ夫人愛用マスカラ ランコム

 

ヘアスプレーを毎日使うので、シャンプーはそれをしっかり落とせて、栄養補給ができるフロムアース エナジーシャンプー ムウムを愛用。とにかく洗い上りが素晴らしい

※超きれいなデヴィ夫人絶賛のフロムアース エナジーシャンプー ムウム

 

 

デヴィ夫人の美容にも良い健康法2019年

 

肌のために特別なケアはしていない。
1年中冷たい水で顔を洗い、その水を浸透させるように、100回くらいパッティングをする。

※超美肌のデヴィ夫人が実践する肌を冷やす美容法
高畑充希(シートマスクを冷蔵庫で冷やす)・檀れい(日焼けしたら肌を冷やす)・加治ひとみ(洗顔後は冷水ですすぐ)さんなども実践。
ただし肌トラブルになるという見解も。

 

「まごはやさしい(豆・ゴマ・わかめ・野菜・魚・シイタケ・芋)の栄養バランスの良い食生活を心掛けている。
1日5回は歯を磨くので虫歯はないし、入れ歯はなく全て自分の歯。歯医者さんにも褒められる。

 

年をとると足から弱くなる
10cmのハイヒールを履いてよく歩く。家の中では1日10回以上は1階から4階まで階段を往復するし、日本舞踊は60年以上続けている。人間ドックは毎年受ける。大きい病気はしたことがない。体は柔らかい方がケガをしないので、ストレッチは大事。

※人間ドックにちゃんと行くという芸能人は
米倉涼子・菜々緒・松雪泰子・壇蜜さんなど。

 

 

デヴィ夫人の健康が美しさに繋がるマイルール2019~2016

 

10代の頃からコルセットをしてウエストを常に締めて、くびれをキープしてきた。
良い姿勢を心がけている。疲れると姿勢が悪くなるので、肩を開いて背筋を伸ばすことを常に意識。

 

夜はフルコースを食べたいので、他の食事を調整する。
朝食は果物とコーヒーだけ。昼食は和食を軽く食べる程度。

 

「朝は午前7時に起きると決まっている。
朝食は果物とゆで卵、ビタミン剤数種で、特に脳に糖分を補給するフルーツは、朝食でしか食べない。
夜は外食することが多いので。自宅での食事はなるべく「まごわやさしい」を厳守したものをお手伝いさんに作ってもらっている。まめ・ごま・わかめ・野菜・魚・しいたけ・芋。

 

朝食後は自宅の屋上で、1時間太陽を背中に浴びる日光浴をする。
日光浴でえられる栄養分がたくさんあると思う。

 

家にはたくさんの花を飾っている。
花から生気をいっぱいもらうので、全然疲れない1日に10回は感動することが大事。わくわく心が高揚すれば、体中のリンパやホルモンが活性化されると考えている。

 

「足は冷やしてはいけないので、家では厚手の靴下をはく。
年をとると、風邪を引くときは首からが多い。ストールを首にまいたりして、首元は冷やさない。

※お薦め冷え取り靴下→野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】

 

年を取ると足から弱くなるので、なるべく歩く
近い場所はタクシーは使わないし、1日3キロは歩く。家でも階段の上り下りをよくする。

デヴィ夫人以外によく歩いて体型維持している芸能人は?
夏樹陽子松原智恵子・若尾文子・森高千里・黒柳徹子・飯島直子さんなど、年齢を重ねてもスッキリしたスタイルの美人ばかり。

ただの散歩ではなく、早歩きを意識すれば「健康&ダイエット」の一石二鳥です。歩幅を広くとるようにすれば、「認知症予防」になるとも言われています。

 

デヴィ夫人の美容法・美肌の秘訣

 

「肌の美しさを保つことで一番重要なのは、メイクをしっかり落とすこと。
ダブル洗顔してジャブジャブ水で洗う。塗れた手で顔をパンパン叩くのも日課。肌には清潔感と保湿が何より大事

※超美肌の人気女優 吉高由里子さんも「美肌のためにはメイクをきちんと落とすことが大事」だと語っている。

 

シャワーの後、毎回15分かけて全身にボディクリームを塗って保湿することは、20代から続けている
乾燥は肌には最悪。ヴァセリン インテンシブケア アドバンスドリペア ボディローションは、どんな高級コスメより潤う

 

「美肌のためには良い巡りが大事
朝冷たい水で洗顔後、化粧品で保湿し顔を手のひらで100回軽くたたき、肌に適度な刺激を与える。ビザンテ ビアンカ ジェルはすごく浸透しやすい。肌がしっとりしトーンアップする。

 

紫外線は美肌の大敵。
朝と夕方に10分ずつ太陽を浴びてあとは一切太陽を浴びない。日焼け止めはかぶれやすいのでなるべく使わず、太陽のもとでは化粧を厚めにする。
できてしまったシミはスキンケアクリニック 美のかほりでケアする。ライムライトというレーザーでシミが薄くなった。クリニックには3~4年通っている。フェイスラインがスッキリしたと褒められるようになった。

 

 


女優の更新情報→女優の美容法&健康法 知恵袋 総合TOP

【合わせて読みたい】
石田ゆり子さんのきれいの秘密
ずっと超きれいな黒木瞳さんの体型維持の秘訣
萬田久子さんのストイックな生活

その他エイジング女優の美容法&ダイエット法

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »