アンチエイジング女優の美容法&ダイエット法

若さと美しさを保つアンチエイジング女優が実践する美容法・ダイエット法・アンチエイジング法など女優別美容情報サイト by女優の美容法&健康法 知恵袋

since.2003

その他アンチ

デヴィ夫人の美容法&健康法

プロフィール デヴィ・スカルノ(タレント・インドネシアのスカルノ元大統領夫人) 東京都出身(日本生まれインドネシア国籍) A型 身長159cm 若い頃は社交界で東洋の真珠と呼ばれたほどの美貌(作成2016年 追記2019/8/31)

デヴィ夫人の美容にも良い健康法2019年

 

肌のために特別なケアはしていない。1年中冷たい水で顔を洗い、その水を浸透させるように100回くらいパッティングをする。

※超美肌のデヴィ夫人が実践する肌を冷やす美容法は、高畑充希(シートマスクを冷蔵庫で冷やす)・檀れい(日焼けしたら肌を冷やす)・加治ひとみ(洗顔後は冷水ですすぐ)さんなども実践。ただし肌トラブルになるという見解も。

 

「まごはやさしい(豆・ゴマ・わかめ・野菜・魚・シイタケ・芋)の栄養バランスの良い食生活を心掛けている。1日5回は歯を磨くので虫歯はないし、入れ歯はなく全て自分の歯。歯医者さんにも褒められる。

 

年をとると足から弱くなる。10cmのハイヒールを履いてよく歩く。家の中では1日10回以上は1階から4階まで階段を往復するし、日本舞踊は60年以上続けている。人間ドックは毎年受ける。大きい病気はしたことがない。体は柔らかい方がケガをしないので、ストレッチは大事。

※人間ドックにちゃんと行くという芸能人は、米倉涼子・菜々緒・松雪泰子・壇蜜さんなど。

 

 

 

デヴィ夫人の健康が美しさに繋がるマイルール2019~2016

 

「肌の美しさを保つことで一番重要なのは、メイクをしっかり落とすこと。ダブル洗顔してジャブジャブ水で洗う。塗れた手で顔をパンパン叩くのも日課。肌には清潔感と保湿が何より大事

 

夜はフルコースを食べたいので、他の食事を調整する。朝食は果物とコーヒーだけ。昼食は和食を軽く食べる程度。

 

「朝は午前7時に起きると決まっている。朝食は果物とゆで卵、ビタミン剤数種で、特に脳に糖分を補給するフルーツは朝食でしか食べない。夜は外食することが多いので。自宅での食事はなるべく「まごわやさしい」を厳守したものをお手伝いさんに作ってもらっている。まめ・ごま・わかめ・野菜・魚・しいたけ・芋。

 

朝食後は自宅の屋上で1時間太陽を背中に浴びる日光浴をする。日光浴でえられる栄養分がたくさんあると思う。

 

家にはたくさんの花を飾っている。花から生気をいっぱいもらうので全然疲れない。1日に10回は感動することが大事。わくわく心が高揚すれば、体中のリンパやホルモンが活性化されると考えている。

 

「足は冷やしてはいけないので、家では厚手の靴下をはく。年をとると、風邪を引くときは首からが多い。ストールを首にまいたりして、首元は冷やさない。

※お薦め冷え取り靴下→野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】

 

年を取ると足から弱くなるのでなるべく歩く。近い場所はタクシーは使わないし、1日3キロは歩く。家でも階段の上り下りをよくする。

※デヴィ夫人以外によく歩いて体型維持している芸能人は?
夏樹陽子松原智恵子・若尾文子・森高千里・黒柳徹子・飯島直子さんなど、年齢を重ねてもスッキリしたスタイルの美人ばかり!ただの散歩ではなく、早歩きを意識すれば「健康&ダイエット」の一石二鳥です。歩幅を広くとるようにすれば、「認知症予防」になるとも言われています。

 

紫外線は美肌の大敵。朝と夕方に10分ずつ太陽を浴びてあとは一切太陽を浴びない。日焼け止めはかぶれやすいのでなるべく使わず、太陽のもとでは化粧を厚めにする。できてしまったシミはスキンケアクリニック 美のかほりでケアする。ライムライトというレーザーでシミが薄くなった。クリニックには3~4年通っている。フェイスラインがスッキリしたと褒められるようになった。

 

シャワーの後、毎回15分かけて全身にボディクリームを塗って保湿することは、20代から続けている。乾燥は肌には最悪。ヴァセリン インテンシブケア アドバンスドリペア ボディローションは、どんな高級コスメより潤う

 

10代の頃からコルセットをしてウエストを常に締めて、くびれをキープしてきた。良い姿勢を心がけている。疲れると姿勢が悪くなるので、肩を開いて背筋を伸ばすことを常に意識。

 

美肌のためには良い巡りが大事。朝冷たい水で洗顔後、化粧品で保湿し顔を手のひらで100回軽くたたき、肌に適度な刺激を与える。ビザンテ ビアンカ ジェルはすごく浸透しやすい。肌がしっとりしトーンアップする。

 

 


女優たちの更新情報→女優の美容法&健康法 知恵袋 総合TOP

 

 

大塚寧々さんの美容法&健康法

プロフィール 大塚寧々(おおつかねね 女優 写真家) 1968年6月14日生 B型 東京都出身 身長156cm 日本大学藝術学部写真学科卒業


2019・2018年【2019/7追記】

大塚寧々さんがずっときれいを保つ訳

 

「美容と健康の最大の秘訣は睡眠。ストレスを溜めないことが一番の美容法。休める時に休んで、適度に運動をする。時間があれば週2・3回太極拳に行くほど、ハマっている。

健康や美容に1番大事なのが寝ることという女優は多い。北川景子・篠原涼子・山本美月・今田美桜・常盤貴子・佐野ひなこさんなど。人気女優の深田恭子さんは「撮影中など忙しい時は、やりたいことをあきらめてでも睡眠を優先する」と語っている。
良質な睡眠をとれば成長ホルモンがきちんと分泌されるので、肌ツヤも良くなって傷んだ血管も修復されるので、成人病のリスクまで軽減される。また睡眠は脳や心のメンテナンスもしてくれる。

大塚寧々さん以外にも大女優の岩下志麻さんも太極拳を続けている。

 

2年くらい前から太極拳で体幹を鍛えている。太極拳は激しい運動ではないが、型を正しく行うのは難しい。ゆっくりした動きで体幹が重要。

 

「日傘をさす。冬や夏、季節の変わり目などは特に保湿ケアをする。肌にとって乾燥が一番怖い

 

料理が好きで、良いものを使うと料理が美味しくなるので、お味噌や酢など調味料にはこだわっている。家族の大好物は信州立科味噌(特選)で作る豚汁。

大塚寧々さんのようにお味噌や味噌汁にこだわっている女優は、竹内結子・榮倉奈々・泉里香・優香・中山美穂・田中麗奈・平子理沙さんなど多数。

 

 


合わせて読みたい人気記事
永作博美さんの美容法や食生活
鈴木保奈美さんのきれいの秘密
三浦理恵子さんが美を保つためにしていること

旦那さまの田辺誠一さんの妻 大塚寧々さんに対するコメント↓
「彼女は頭が良い。仕事も家庭のことも怠けず努力家。仕事で遅く帰ってくる日もスーパーに寄ってきて美味しい食事を作ってくれる。少しそばかすが見えているくらいの薄化粧の彼女の笑顔が好き。僕は家にいるのが好きで、あまり外出しない。」

 

 

かたせ梨乃さん美容健康法 美しさの秘密

プロフィ―ル かたせ梨乃(かたせりの 女優) 1957年5月8日生 東京都出身(1歳から幼稚園までメキシコで過ごす) 血液型B型 身長168cm モデルから女優へ 極道の妻シリーズなど色気のある女性役で映画やドラマで活躍 抜群のスタイルでも有名

2019~2017年かたせ梨乃さん美容情報(2019/6追記)

かたせ梨乃さんの美容法 実践していること

 

水泳は続けている。水着になると今の体型をチェックできる。

※かたせ梨乃さんのように泳ぐことで体型を維持している芸能人は、吉永小百合・木村佳乃・斉藤由貴・水野美紀・麻生久美子・笛木優子・安田成美・森高千里さんなど多数。

 

早寝早起き。8時30分に寝ることもある。良質な睡眠がとれた翌朝は肌の状態が違う。睡眠は大事。1年中冷たいものはあまり飲まない。寒い季節は内臓を温めるために、具沢山スープやお味噌汁を朝食に食べる。

 

フェイスリフトの美容グッズはたくさん持っているが、最近のお気に入りはヘッドマッサージの機械 MTG リファグレイス ヘッドスパ。髪の毛が絡まないし気持ち良いし、美髪や顔のたるみにも効果大。充電式で重くないので持ち歩いている。頭皮からマッサージした方が顔全体が華やぎ、肌が明るくなると実感している。シャンプー後に育毛剤の薬用育毛剤 柑気楼をつけてリファでマッサージ。美容院でヘッドマッサージもしてもらうが、リファグレイスヘッドスパは自分で好きな時にできるのが良い。

 

スキンケアコスメは若い頃からずっとラ・プレリー(ラプレリー スキンキャビア リキッド エッセンス)を愛用。

 

30歳から水泳をずっと続けている。今も毎日30分くらいジムで泳ぐ。仕事が忙しくても週3回は泳ぐ。水泳後は涼しくて気持ち良くても、必ずお風呂で身体を温めるようにしている。もうお風呂代わりにジムに行くことが習慣。歩くことも大好き。

 

スポーツ選手が開発した3Dマッサージロール ドクターエアは、肩や腰・脚などどこでもマッサージできるので必需品。

かたせ梨乃さん愛用ドクターエア 3Dマッサージロール
軽くて充電式コードレスの大人気マッサージロール。3分間で最大10,000回の振動で全身強力にマッサージ。

 

 


【合わせて読みたい人気記事】
萬田久子さんの美容法
賀来千香子さんの美容法
常盤貴子さんの美容法

 

 

岩下志麻の美容法&健康法

プロフィール 岩下志麻(いわしたしま 女優) 1941年1月3日生 東京都出身 A型 身長165cm 松竹の看板女優として活躍 120本以上の映画に出演(映画「極道の妻たち」シリーズが有名) 2004年紫綬褒章受賞

岩下志麻さんがずっときれいな理由2019年

 

20年前からずっと続けているのは、朝の屈伸運動やお風呂前のストレッチと竹ふみ。これは毎日の日課。10年前からは太極拳も行っている。

※岩下志麻さんのようにストレッチをするという芸能人は、萬田久子・新垣結衣・柴咲コウ・真矢ミキ・土屋太鳳・安達祐実・モデルSHIHO・三吉彩花さんなど多数。草笛光子さんは「毎朝ストレッチをし、週1回は加圧トレーニングに行く。10年ほど続けている」とコメント。

 

髪の白髪染めは必要ない。毎日食べているのは豆腐と、髪に良いと言われるもずく。食事はしっかり食べるタイプだが、20年くらい体重は変わらない。

※岩下志麻さん以外に豆腐を意識して食べるという女優は、波瑠・有村架純・黒木華・井上真央さんなど。大地真央さんは「好きな食べ物はコラーゲンと果物。」とコメント。中条あやみさんはもずく酢をよく食べる、篠原涼子さんは利尿作用のあるキュウリを毎朝食べるとコメント。

 

 

 

岩下志麻さんの美容法・食生活・愛用コスメ2018~2016

 

トマトが大好きで1年中食べている。

 

バランスの良い和食中心の食事を心がけている。豆腐ともずくは必ず毎日食べる。

 

肌の乾燥やくまを見つけたら、パックや蒸しタオルで素早く解消する。メナード 薬用ビューネ スパマスクシートSは頻繁に使う。保湿して日焼け後のほてりもおさえてくれる。

岩下志麻さん愛用薬用ビューネ シートマスク

 

肌のスペシャルケアにはメナード エクストレッチマスクセットを愛用。ツヤとハリを実感している。

 

毎日夜のお手入れに、コクのあるクリームのメナード エンベリエ リフレッシュマッサージを愛用。メイク落としとマッサージが両方できる。洗顔はメナード エンベリエ ウオッシング

 

60才を過ぎてから太極拳を習い始めて、今も続けている。常に背筋を伸ばして、姿勢を正す。

 

愛用のお茶は20年以上、メナード くま笹健康茶。ポットに入れて外出先にも持って行く。新陳代謝が良い。

 

30歳頃、化粧品会社のメナードと専属契約を結び、念入りにお手入れをするようになった。毎朝肌の状態を確認して、ケア方法を変える。保湿パックをしたり美白パックや蒸しタオルをしたり、使い分けて肌のハリを保っている。

 

朝起きたら空に向かってこぶしを挙げて、私は今日も元気!と叫ぶ。身体の底から力が湧いてきて、力がみなぎる。言い聞かせることも大事。

 

10年以上前から週1回太極拳のクラスに通っている。とにかく気持ち良い。体幹を鍛え、姿勢もキープできる。太極拳で学んだ呼吸法が若さの源かも。教室で使っている宮下富実夫さんのCD(美癒 BIYU)を、肌のお手入れ時にも聞いている。

 

 


大地真央・賀来千香子さんなどアンチエイジング女優の美容法&ダイエット法TOP

 

 

斉藤由貴の美容法&ダイエット法

プロフィール 斉藤由貴(さいとうゆき 女優・歌手) 1966年9月10日生 神奈川県出身 B型 身長161cm 趣味は絵画・詩や小説を書くこと 第1回東宝シンデレラオーディションファイナリスト(グランプリは沢口靖子さん) 少年マガジン第3回「ミスマガジン」グランプリ受賞 テレビドラマ「スケバン刑事」の初代ヒロイン NHK朝の連続テレビ小説「はね駒」主演 ナレーターとしても活躍 元アイドル歌手で、デビュー曲「卒業」は今でも卒業シーズンに流れる名曲 NHK紅白歌合戦にも出場経験あり 座右の銘は「なんとかなる!」

斉藤由貴の美容法&ダイエット法2019~2015年

 

体型をキープするためにジムに通っている。1km泳ぐ。

※斉藤由貴さんのようにスタイル維持のために泳いでいるという女優は木村佳乃・水野美紀・笛木優子・吉永小百合・安田成美・かたせ梨乃さんなど。

 

数年前に食べないというストイックなダイエットで、痩せた。肉や炭水化物は食べず、カロリーも制限して3カ月で11kg痩せた。またジムで運動もして、身体も鍛えた。痩せたことでものすごく意識が変わった。自分に厳しく向き合うことで得られた痩せた身体や印象が、どれだけ女に幸せな気持ちをもたらしてくれるものか。努力で裏打ちされた自信こそ女を美しく見せてくれる。今は食のバランスは大事に、でも基本的には制限していない。我慢するストレスは良くない。

 

 


アンチエイジング女優の美容法&健康法TOP

【合わせて読みたい人気記事】
高岡早紀さんの美容法&ダイエット法
鈴木保奈美さんの美容法&ダイエット法
南野陽子さんの美容法&ダイエット法

斉藤由貴さん2019年テレビ番組にて「暗くて静かな子供だったので、小さい頃はいじめられっ子だった。閉じこもりがちな娘を心配して、宝塚歌劇団に憧れがあった母から東宝シンデレラオーディションを受けてみないかと言われた。明確に女優になりたいと思ったわけではないが、感情の機微を表現することに飢えていたのは確か。芸能界に入って、自分の存在を人に認めてもらえるということが嬉しかった。」

「素の自分は人として何かが欠落している部分がある。自分はつまらないと思う。でも女優をしていると役に入り込み、周りが見えなくなる瞬間がある。それは得も言われぬ喜びだと感じている。幸せだと思える。役柄を与えられることでぼやけている自分の輪郭がはっきりし、人として成立する。女優を続けることは生きる上で必要不可欠。死ぬまで女優を続けたいと本気で思っている。」

 

 

夏樹陽子の美容法&ダイエット法

ブロフィール 夏樹陽子(なつきようこ 女優・ジュエリーデザイナー) 1952年10月24日生 三重県伊勢市出身 A型 身長168cm 趣味は日舞(花柳流)・絵画・ピアノ・能・パン作り・ソシアルダンス・クレー射撃(協会初の女性理事) 人気モデルから女優へ 愛車はポルシェやフェラーリなど(国際C級ライセンス取得)

夏樹陽子さんの運動法や美肌法・愛用コスメ2019~2015

 

美容と健康のために、朝にリンゴ・バナナ・イチゴ・人参・みかん・レモン・ブルーベリー・プリーンなどと、骨に良いという栄養ドリンク・ビタミンの粉末・水をミキサーに入れて、ジュースを作る。肌がしっとり潤う。地方の仕事で2・3日ジュースが飲めないと肌の乾燥が気になるくらい効果的。季節のフルーツを入れるが、柑橘類とリンゴは必ず入れる。

※夏樹陽子さんのように野菜ジュースを飲む女優は松雪泰子・土屋太鳳・木村文乃・榮倉奈々・吉岡里帆・仲里依紗・国仲涼子・モデルSHIHOさんなど多数。コールドプレスジュースを飲んでいるのは石原さとみ・篠原涼子・田中みな実・モデル美香さんなど。夏木マリさんは毎朝りんごを食べる

 

きれいでいるためにはよく食べ、よく寝て、よく笑うことが基本。

 

朝のチベット体操10分と夜の体操をする。体操は続けないと意味がない。朝に体操をしてジュースを飲む。

 

女優という仕事は健康でないと続けられない。絶対健康でいることが大事。ただ歩くだけでなく、大きく手を後ろに引きながらウォーキングしたり、ウエストをねじりながらウォーキングする。2つのことを同時にすると脳が活性化してボケ防止にもなる。

 

母の代から45年間ずっとカツウラ スキンローションGをずっと愛用している。美肌のためにコラリッチ モイストアップクレンジングを愛用。

夏樹陽子さん愛用カツウラ ローション しみこむようになじみ、乾燥した肌をしっとり整えるロングセラー化粧水。

 

サラダには人参・大根・りんごは必ず入れる。

 

ストレッチをして身体は柔らかく保つ。ストレッチする時は口の中で舌をまわしたりして法令線をのばす。毎日欠かさずするので、25.6歳の頃に番組で買ったドレスが今も着れる。

 

酵素玄米を食べる。玄米・赤米・小豆・塩・アマランサスを入れる。酵素玄米は歯ごたえが良く、とても美味しい。

 

40年間体型が変わらない秘訣は地味なことを続けること。毎日10分くらいの体操と夜寝る前の30分のストレッチは欠かさない。年齢とともに代謝が悪くなってくるので、運動をしないとむくみやすくなる。歯磨きや信号待ちの間にかかとを上げたり、生活の中で地味な努力を続ける。

 

できる時は20~30分などウォーキングをする。ウエストをひねりながら歩いたり。夜のストレッチをしながら、法令線が薄くなると聞いた顔のエクササイズをする。口の中で歯茎をマッサージするように舌で円をかいたり、ベーと舌を出したり。

 

体型維持は15年くらい前からはじめたストレッチで。朝夕は絶対にしっかりストレッチをする。朝は体を目覚めさせ、体温をあげるために。夜はリラックスが目的。ストレッチは続けていくことがすごく大事。股関節、太ももや脚をしっかり伸ばしてケガのしにくい強い身体にしたり、仰向けでウエストをひねってお腹周りのシェィプアップにも。

 

 


【合わせて読みたい人気記事】
大地真央さんの食事法や美肌情報
賀来千香子さんの美ボディを保つ秘訣

 

 

草刈民代の美容法&ダイエット法

プロフィール 草刈民代(くさかりたみよ 女優・元バレリーナ) 1965年5月10日生 東京都新宿区出身 身長168cm バレエダンサーとして活躍 1996年「Shall we ダンス?」で映画初出演で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞受賞

草刈民代の美容法&ダイエット法2019~2013年

 

味噌を手作りしている。

 

毎朝、坂元醸造 天寿りんご黒酢をお水で割って夫婦で飲む。クエン酸は身体に良いし、飲むと身体がスッキリする。夏は朝だけではなく、飲みたい時に飲む。

草刈民代さん愛用天寿りんご黒酢 坂元のくろず
鹿児島の伝統的な製法「つぼつくり」でつくった黒酢をベースに、ガラクトオリゴ糖、ビタミンC、リンゴ果汁を配合し、おいしく仕上げた調味酢。

 

 


アンチエイジング女優の美容法&健康法TOP

 

 

 

有森也実の美容法&ダイエット法

プロフィール 有森也実(ありもりなるみ 女優) 1967年12月10日生 神奈川県横浜市出身 O型 身長161cm 趣味・特技はバレエ 1991年ドラマ「東京ラブストーリー」で注目されるが、優柔不断で鈴木保奈美さん演じるヒロインの彼氏を奪う役柄ゆえ、脅迫状まで送られている

有森也実さんがコメントした意識している美容法やダイエット法・アンチエイジング法をご紹介。2018~2015年

 

有森也実の美容法&ダイエット法2018

 

バレエ歴は35年。自宅から20分歩いてバレエレッスンに通う。

 

シワは表情の1つで、特に目尻に出る笑いジワは自然なものなので消したいとは思わないが、乾燥によるしわには気をつけたい。乾燥ジワ防止にはしっかりした保湿が第一。化粧水の後に乳液でマッサージしたら、気になる目元のシワには万能オイルのバイオイルを、指のはらでたっぷり押し込む。そうするとツヤのあるシワに変わる。

 

shu uemuraシュウ ウエムラ アルティム8 スブリム ビューティ クレンジングオイルでクレンジング後、泡立てた石鹸にうぐいすの粉を入れ、優しく洗うとツルツルに。20年間愛用している。

有森也実さん愛用クレンジング シュウウエムラ アルティム8スブリム ビューティクレンジングオイル

 

朝は洗顔後、夜は就寝前にスチームを肌にあてながら化粧水を浸透させる。乾燥が気になる時はバイオイルを顔全体につけてマッサージ。プチブラやSK-II フェイシャルトリートメントマスクなどのシートパックも重宝。

 

バレエは小さい頃からずっと続けている。

 

 


アンチエイジング女優TOP→石田ゆり子・大地真央さんなど女優の美容法&ダイエット法

【合わせて読みたい人気記事】
常盤貴子さんの美容法&ダイエット法
鈴木保奈美さんの美容法&健康法
草笛光子さんの美容法&健康法

 

 

草笛光子の美容法&健康法

グレーヘア(真っ白な白髪ヘア)が本当にカッコいい女優の草笛光子さん。実は「草笛光子のクローゼット」というスタイル本を2018年に発売するほど、遊び心にあふれたオシャレ過ぎる私服が話題です。見ているだけで元気がもらえるような素敵な女優 草笛光子さんの元気の秘訣とは?2018~2013年

プロフィール 草笛光子(くさぶえみつこ 女優) 1933年10月22日生 神奈川県横浜市出身 B型 身長158cm 1950年松竹歌劇団に入団(高校中退した17才) 日本ミュージカル界のパイオニア的存在でテレビ・映画・舞台と幅広く活躍 1999年紫綬褒章受賞 夜更かしするのが好き

 

2018年 草笛光子さんの美容法 80代とは思えぬ美肌

 

毎朝、梅干しにお茶をかける梅干し茶と、小松菜などの野菜や果物・すりごまなどでジュースを作って飲む。

※グリーンスムージーを飲んでいる女優は多い。松雪泰子・木村文乃・黒木華・中条あやみ・榮倉奈々・上野樹里・国仲涼子さんなど。

 

必ず持ち歩くものは梅干しと煎茶。食事は肉と果物が大好き。

※お薦め→創業170年★TVでも紹介された五代庵の梅干し★
リピーターが非常に多く、テレビや雑誌で何度も取材されている人気梅干し。

 

3食きちんと食べ、朝は野菜ジュース(小松菜・セロリ・にんじん・キャベツ・りんご・バナナ・レモンなど)をお手伝いさんに手作りしてもらって飲む。飲むヨーグルトやきな粉(小さじ1)・すりごま(小さじ1)なども加える。

 

リフレッシュしたい日や天気の良い日は散歩をする。今日1日を無駄にしたくないので、楽しく過ごしたい。

 

週1回パーソナルトレーニングを自宅で受ける。バランスボールを使ってトレーニングを始めてから転んだことがない。結構ハードなトレーニングをする。踏みとどまる力がついた。自宅は3階なので、階段の上り下りもすごいトレーニングになっている。

 

目が覚めてすぐに起き上がると腰に悪いので、布団の中で手足を動かしたりして体を温めてから起き上がる。

 

体を信用すれば必ず答えてくれるので、その声を聞いてあげる。肌も鏡を見れば肌がしゃべっている。不調があれば原因があるので、それを探して対処する。母に「女は裸が一番きれい」と言われて育った。

 

運動は毎朝ストレッチをするし、週1回加圧トレーニングを10年ほど続けている。

 

トランスダーマCは17年使い続けている。肌にあっという間に浸透する。大切なスキンケアも小さなことをコツコツ続けることが大事。

 

 

※草笛光子さん以外にお肉をよく食べる肉好き女優は?

夏木マリ・米倉涼子・榮倉奈々・北川景子・橋本マナミ・中谷美紀・長澤まさみさんなど、細くてスタイルのいい女優ばかり。体型維持が仕事のモデルや女優は、本当に肉食女子が多い。ただしお肉と一緒に炭水化物などの糖質は控えるべき。

ちなみにフルーツ好きの女優は、大地真央・土屋太鳳・田中みな実・深田恭子・志田未来・ローラ・波瑠・木村佳乃さんなど多数。でも果物は糖質も多いので、朝にたっぷり食べるのがお薦め。水分補給にもなる。

 

草笛光子さん愛用トランスダーマC
平子理沙・優木まおみさんも愛用の高級コスメ

 

 

 

草笛光子の美容法&健康法2016~2013年

 

健康法は筋トレをすること。筋トレを始めて10年になる。色んな人から聞いた筋トレやストレッチを、自分なりに組み合わせて続けているし、週1回先生についてもらっている。今ハマっているのはスクワット。腰に8キロの重りをつけてする。ポイントは膝が前に出ないようにスクワットする事。

 

ジムに通うのはめんどくさい。週に一度2時間トレーナーさんに自宅に来てもらい、腹筋を中心にバランスボールやウエイトをつけて、筋トレをみっちりする。血流が良くなると気持ちも上がる。

 

お風呂でチベットの岩塩を入れてゆっくり浸かり、汗をかく。歩く時は骨盤を動かすように歩幅を広げて歩く。いろいろ運動やトレーニングはしている。腰に8kgの重りをつけてスクワットをしたり、バランスボールを使ったトレーニングする。

 

美容のためには腸が大事。きちんと食べて出す。

 

小さな頃から肌がかさついたり、硬くなるのが嫌だった。だから運動するといつも柔らかくいられる気がして、健康のためにも運動はしている。色んな健康情報などから自分に合ったものを続けている。

 

朝茶はその日の難を逃れると母に教えてもらったので、長年、朝に深蒸し煎茶に梅干しを入れて飲む。煎茶が大好きで持ち歩く。海外にも煎茶と梅干しは持って行く。

 


【お薦め人気記事】
松原智恵子さんの美容法&健康法
夏木マリさんのアンチエイジング美容や愛用品
大地真央さんの美容法&ダイエット法

 

 

由美かおるの若さと美貌を保つ方法

プロフィール 由美かおる(ゆみかおる 女優) 1950年11月12日生 京都府京都市出身 B型 身長157cm 小学6年生で西野バレエ団入団 15歳時ダンサーでテレビデビューし問い合わせが殺到 1967年西野バレエ団の4人で結成した「レ・ガールズ」は大人気に 16歳で女優デビュー 石原裕次郎から直接オファーがあり映画共演したという逸話がある
25年間時代劇ドラマ「水戸黄門」にレギュラー出演(女忍者お銀の入浴シーンが名物 35才~59才まで) B86cm W58cm H86cmという抜群のスタイルはデビュー当時(15歳)からほぼ変わっていないとコメント 趣味は油絵を描くこと(個展を開いたこともある) モットーは「生涯青春」でチャレンジすることが大事 自分を励ます言葉は「I was born under the lucky star.」


由美かおりさんがきれいのためにしていることとは?彼女のアンチエイジング健康法 2018・2017年

 

2018年 由美かおるさんの美容法&ダイエット法

 

疲れてくると体がガチガチになり、呼吸がしづらくなる。体を内側から緩めることができる西野流呼吸法を30年以上実践している。骨も筋肉も緩み、血液循環がよくなり、身体が温まる。いかに呼吸の深さが大事かわかる。

 

身体は柔らかい。Y字バランスもできる。

 

プロポーションを保てているのは西野流呼吸法(健康法)のおかげ。身体が若々しくよみがえっていくというもの。1日20分くらい。35年くらい続けている。呼吸法なので車の運転中でもできる。

 

食事制限は一切しない。食べたいと思ったものは身体に必要なものなので、食べたいものを食べる。

 

 


大地真央・天海祐希さんなどアンチエイジング女優の美容法&健康法