アンチエイジング女優の美容法&ダイエット法

若さと美しさを保つアンチエイジング女優が実践する美容法・ダイエット法・アンチエイジング法など女優別美容情報サイト by女優の美容法&健康法 知恵袋

since.2003

十朱幸代の美容法&ダイエット法

十朱幸代の美容法&ダイエット法

プロフィール 十朱幸代(とあけゆきよ 女優) 1942年11月23日生 東京都出身 O型 身長163cm

 

2015年 十朱幸代の美容法&ダイエット法

 

健康には自信がある。この年まで大病もしていないし、寝たきり状態になったこともない。朝食は果物とヨーグルト・ナッツ・生姜など。朝はカロリーや量を考えて、お米は食べない。ヨーグルトには蜂蜜と米ぬかを炒ったものを入れて食べる。炒った米ぬかはきなこをカリカリにしたような感じで、炒り方が足りないとぬかっぽい感じになり美味しくないし、焦がしても美味しくない。まとめて炒って一週間くらいもつ。肌のきれいな友人に肌の美しさの秘訣を聞いたら、ずっと米ぬかを食べていると言ったので真似をした。

 

生姜は身体を温めるのでとても大事。生姜を黒砂糖で煮たものをたくさん作っておいて毎朝少しづつ食べる。砂糖なしの紅茶にとても合う。

 

朝食を食べたら昼は食べず、次は夕食。甘いものが好きなのでおやつは食べるが、1日2食。

 

 

2013年 十朱幸代の美容法&ダイエット法

 

美容の秘訣は米ぬか。米ぬかはお米屋さんの精米したての新しい生の米ぬかをもらっている。米ぬかを料理に使うときのポイントは、必ず煎ること。フライパンで弱火で10分くらい。すぐに焦げるので焦がさないように注意。煎った米ぬかは密閉袋に入れて冷蔵後で一週間保存できる。

 

化粧水パックを朝晩20分する。朝はパックをしながら身支度をする。

 

毎朝の朝食はこだわっている。ヨーグルトに炒った米ぬか・きなこ・プロテインをかけて食べる。米ぬかはすぐ焦げるので弱火で15分くらい炒る。しょうがの甘煮は身体を温める。季節のフルーツも大事。お酒を控えるようになったら、夕食後に甘いものを食べる習慣がついた。和菓子が好きだがカロリーが高いので、スーパーで売っているこしあんだけのものを頂く。

 

運動はプールで歩くこと。以前はジムのマシーンで運動していたが、3年前に足首の手術をしたので今は軽いプールでの運動にしている。元気の秘訣は趣味のガーデニング。庭でとれたヘチマで身体を洗っている。

 

 


高岡早紀・常盤貴子さんなどアンチエイジング女優の美容法&ダイエット法TOPはこちら

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »