アンチエイジング女優の美容法&ダイエット法

若さと美しさを保つアンチエイジング女優が実践する美容法・ダイエット法・アンチエイジング法など女優別美容情報サイト by女優の美容法&健康法 知恵袋

since.2003

その他エイジング女優の美容法&ダイエット法

若さと美しさを保つ女優さんがテレビや雑誌などでコメントした、実践するアンチエイジング法・美容法・ダイエット法・健康法・美肌法・愛用スキンケアコスメなど、アンチエイジング女優の美容情報満載!
浅野ゆう子浅野温子有森也実秋野暢子市毛良枝伊藤蘭岩下志麻大塚寧々大竹しのぶ
梶芽衣子かたせ梨乃片平なぎさ加賀まりこ黒柳徹子草笛光子草刈民代
高橋恵子デヴィ夫人十朱幸代とよた真帆斉藤由貴夏樹陽子羽田美智子原田美枝子
松坂慶子松原智恵子前田美波里三田佳子美保純南果歩
安田成美由美かおる若尾文子若林真由美さんなどの美容情報をご参考に。


お薦めサプリ
「体力がなくなった」「元気がない気がする」「身体が冷えやすい」など、なんとなく更年期症状を感じている方にお薦め。


40代以上の女性が欲しい健康成分がたっぷり!高麗人参サプリ使用感想

大豆の約7.7倍の身体の巡り成分「サポニン」やビタミン・鉄・カルシウム・アミノ酸など、98種の栄養素が含まれる超人気サプリ。

高麗人参は不調を予防して元気な状態を保つ薬膳。特に「気」のエネルギーを補給する力が絶大と言われます。




女優の更新情報→女優の美容法&健康法 知恵袋

このエントリーをはてなブックマークに追加

その他

かたせ梨乃さん美容健康法 美しさの秘密

プロフィ―ル かたせ梨乃(かたせりの 女優) 1957年5月8日生 東京都出身(1歳から幼稚園までメキシコで過ごす) 血液型B型 身長168cm モデルから女優へ 極道の妻シリーズなど色気のある女性役で映画やドラマで活躍 抜群のスタイルでも有名

2019~2017年かたせ梨乃さん美容情報(2019/6追記)

かたせ梨乃さんの美容法 実践していること

 

水泳は続けている。水着になると今の体型をチェックできる。

※かたせ梨乃さんのように泳ぐことで体型を維持している芸能人は、吉永小百合・木村佳乃・斉藤由貴・水野美紀・麻生久美子・笛木優子・安田成美・森高千里さんなど多数。

 

早寝早起き。8時30分に寝ることもある。良質な睡眠がとれた翌朝は肌の状態が違う。睡眠は大事。1年中冷たいものはあまり飲まない。寒い季節は内臓を温めるために、具沢山スープやお味噌汁を朝食に食べる。

 

フェイスリフトの美容グッズはたくさん持っているが、最近のお気に入りはヘッドマッサージの機械 MTG リファグレイス ヘッドスパ。髪の毛が絡まないし気持ち良いし、美髪や顔のたるみにも効果大。充電式で重くないので持ち歩いている。頭皮からマッサージした方が顔全体が華やぎ、肌が明るくなると実感している。シャンプー後に育毛剤の薬用育毛剤 柑気楼をつけてリファでマッサージ。美容院でヘッドマッサージもしてもらうが、リファグレイスヘッドスパは自分で好きな時にできるのが良い。

 

スキンケアコスメは若い頃からずっとラ・プレリー(ラプレリー スキンキャビア リキッド エッセンス)を愛用。

 

30歳から水泳をずっと続けている。今も毎日30分くらいジムで泳ぐ。仕事が忙しくても週3回は泳ぐ。水泳後は涼しくて気持ち良くても、必ずお風呂で身体を温めるようにしている。もうお風呂代わりにジムに行くことが習慣。歩くことも大好き。

 

スポーツ選手が開発した3Dマッサージロール ドクターエアは、肩や腰・脚などどこでもマッサージできるので必需品。

かたせ梨乃さん愛用ドクターエア 3Dマッサージロール
軽くて充電式コードレスの大人気マッサージロール。3分間で最大10,000回の振動で全身強力にマッサージ。

 

 


【合わせて読みたい人気記事】
萬田久子さんの美容法
賀来千香子さんの美容法
常盤貴子さんの美容法

 

 

岩下志麻の美容法&健康法

プロフィール 岩下志麻(いわしたしま 女優) 1941年1月3日生 東京都出身 A型 身長165cm 松竹の看板女優として活躍 120本以上の映画に出演(映画「極道の妻たち」シリーズが有名) 2004年紫綬褒章受賞

岩下志麻さんがずっときれいな理由2019年

 

20年前からずっと続けているのは、朝の屈伸運動やお風呂前のストレッチと竹ふみ。これは毎日の日課。10年前からは太極拳も行っている。

※岩下志麻さんのようにストレッチをするという芸能人は、萬田久子・新垣結衣・柴咲コウ・真矢ミキ・土屋太鳳・安達祐実・モデルSHIHO・三吉彩花さんなど多数。草笛光子さんは「毎朝ストレッチをし、週1回は加圧トレーニングに行く。10年ほど続けている」とコメント。

 

髪の白髪染めは必要ない。毎日食べているのは豆腐と、髪に良いと言われるもずく。食事はしっかり食べるタイプだが、20年くらい体重は変わらない。

※岩下志麻さん以外に豆腐を意識して食べるという女優は、波瑠・有村架純・黒木華・井上真央さんなど。大地真央さんは「好きな食べ物はコラーゲンと果物。」とコメント。中条あやみさんはもずく酢をよく食べる、篠原涼子さんは利尿作用のあるキュウリを毎朝食べるとコメント。

 

 

 

岩下志麻さんの美容法・食生活・愛用コスメ2018~2016

 

トマトが大好きで1年中食べている。

 

バランスの良い和食中心の食事を心がけている。豆腐ともずくは必ず毎日食べる。

 

肌の乾燥やくまを見つけたら、パックや蒸しタオルで素早く解消する。メナード 薬用ビューネ スパマスクシートSは頻繁に使う。保湿して日焼け後のほてりもおさえてくれる。

岩下志麻さん愛用薬用ビューネ シートマスク

 

肌のスペシャルケアにはメナード エクストレッチマスクセットを愛用。ツヤとハリを実感している。

 

毎日夜のお手入れに、コクのあるクリームのメナード エンベリエ リフレッシュマッサージを愛用。メイク落としとマッサージが両方できる。洗顔はメナード エンベリエ ウオッシング

 

60才を過ぎてから太極拳を習い始めて、今も続けている。常に背筋を伸ばして、姿勢を正す。

 

愛用のお茶は20年以上、メナード くま笹健康茶。ポットに入れて外出先にも持って行く。新陳代謝が良い。

 

30歳頃、化粧品会社のメナードと専属契約を結び、念入りにお手入れをするようになった。毎朝肌の状態を確認して、ケア方法を変える。保湿パックをしたり美白パックや蒸しタオルをしたり、使い分けて肌のハリを保っている。

 

朝起きたら空に向かってこぶしを挙げて、私は今日も元気!と叫ぶ。身体の底から力が湧いてきて、力がみなぎる。言い聞かせることも大事。

 

10年以上前から週1回太極拳のクラスに通っている。とにかく気持ち良い。体幹を鍛え、姿勢もキープできる。太極拳で学んだ呼吸法が若さの源かも。教室で使っている宮下富実夫さんのCD(美癒 BIYU)を、肌のお手入れ時にも聞いている。

 

 


大地真央・賀来千香子さんなどアンチエイジング女優の美容法&ダイエット法TOP

 

 

斉藤由貴の美容法&ダイエット法

プロフィール 斉藤由貴(さいとうゆき 女優・歌手) 1966年9月10日生 神奈川県出身 B型 身長161cm 趣味は絵画・詩や小説を書くこと 第1回東宝シンデレラオーディションファイナリスト(グランプリは沢口靖子さん) 少年マガジン第3回「ミスマガジン」グランプリ受賞 テレビドラマ「スケバン刑事」の初代ヒロイン NHK朝の連続テレビ小説「はね駒」主演 ナレーターとしても活躍 元アイドル歌手で、デビュー曲「卒業」は今でも卒業シーズンに流れる名曲 NHK紅白歌合戦にも出場経験あり 座右の銘は「なんとかなる!」

斉藤由貴の美容法&ダイエット法2019~2015年

 

体型をキープするためにジムに通っている。1km泳ぐ。

※斉藤由貴さんのようにスタイル維持のために泳いでいるという女優は木村佳乃・水野美紀・笛木優子・吉永小百合・安田成美・かたせ梨乃さんなど。

 

数年前に食べないというストイックなダイエットで、痩せた。肉や炭水化物は食べず、カロリーも制限して3カ月で11kg痩せた。またジムで運動もして、身体も鍛えた。痩せたことでものすごく意識が変わった。自分に厳しく向き合うことで得られた痩せた身体や印象が、どれだけ女に幸せな気持ちをもたらしてくれるものか。努力で裏打ちされた自信こそ女を美しく見せてくれる。今は食のバランスは大事に、でも基本的には制限していない。我慢するストレスは良くない。

 

 


アンチエイジング女優の美容法&健康法TOP

【合わせて読みたい人気記事】
高岡早紀さんの美容法&ダイエット法
鈴木保奈美さんの美容法&ダイエット法
南野陽子さんの美容法&ダイエット法

斉藤由貴さん2019年テレビ番組にて「暗くて静かな子供だったので、小さい頃はいじめられっ子だった。閉じこもりがちな娘を心配して、宝塚歌劇団に憧れがあった母から東宝シンデレラオーディションを受けてみないかと言われた。明確に女優になりたいと思ったわけではないが、感情の機微を表現することに飢えていたのは確か。芸能界に入って、自分の存在を人に認めてもらえるということが嬉しかった。」

「素の自分は人として何かが欠落している部分がある。自分はつまらないと思う。でも女優をしていると役に入り込み、周りが見えなくなる瞬間がある。それは得も言われぬ喜びだと感じている。幸せだと思える。役柄を与えられることでぼやけている自分の輪郭がはっきりし、人として成立する。女優を続けることは生きる上で必要不可欠。死ぬまで女優を続けたいと本気で思っている。」